FC2ブログ

ノーガキはいいから

とにかく言いたい事を言って逝くブログ


映画:パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト見てきました。

出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ ほか

内容:
前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと…ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた…。©GAGA Crossmedia Marketing, inc.


ん~、正直言ってガッカリしました。
前作を見たときはホントに時間を忘れられて、
その年見た映画の中でも1,2を争う面白さだったような気がするんですが…
今回は期待していただけに、よりガッカリ感が大きいです(´ヘ`;)

まず最近になってこの映画が3部作っていう話を聞いて、
「なんで急に3部作になったんだ??」と思ったんですが、
この第2部は前編で第3部は後編っていう作りだったんですね。
なもんで、当然終わり方が中途半端でした。

それに、前作公開から結構時間が経っているのに、
前作を覚えていないと分からないネタや登場人物が出てきて不親切。

また、前作でも敵が不死身の海賊というリアリティーのない設定でしたが、
今回は度を越し過ぎていると思いました。
今回の敵ってただの怪物ですよね?
なんかB級パニック映画を見ている気分でした(;´Д`)

それに無駄な話(次回への複線?)なんかもかなり多かったと思います。
無駄な話をカットすれば2時間半で前後編纏められたんじゃないの?

あと、脚本が悪いのか翻訳が悪いのか、話が分かり辛いです。
登場人物の考えていることが全く分からないです。

それと、前作に比べてジャックに魅力を感じませんでした。
途中からはただの自己中にしか見えなくなりました。
登場人物はなんであんなに裏切られてもジャックの仲間でいるんだろ?
理解できませんでしたね。


やっぱりディズニーの映画は期待しちゃいけませんね。
ホントに今まで何度騙された事やら( ´Д`) ハァ
それでもまた見てしまうのかなぁ…
スポンサーサイト



今頃って感じですがドラマ:タイヨウのうた(第1話)見ました。

出演者:山田孝之、沢尻エリカ、松下奈緒 ほか

内容:(公式サイトより)
太陽の光を浴びることができないXP(色素性乾皮症)という難病を抱える少女・雨音薫(沢尻エリカ)は、歌手志望のストリートミュージシャン。薫は、彗星のように音楽シーンに現れた橘麻美(松下奈緒)に憧れている。が、コンテストに応募するオリジナル楽曲はいつも落選してしまい「あなたは、本気で誰かを好きになったことがありますか?」とコメントされ、どうしたら人の心を打つ歌が歌えるのか悩んでいる。
親友の松前美咲(佐藤めぐみ)が、薫の昼間の世界を見せてあげようとビデオを撮ってきてくれた。その映像の片隅に映っていた孝治の姿に釘付けになる薫。




先に映画版を見ているのでどうしても比べてしまいますね。
ドラマは10話前後にする為に、映画版に比べて登場人物が多いです。
   当たり前ですが…(^_^;)
キャストを見ると山田孝之の名前が1番最初なので、山田孝之目線なのかな?
ドラマ見た感じでは沢尻エリカ目線のような気もするけど。
しかし、山田孝之と沢尻エリカってなんとなく、
またこの二人かぁって気分になりません?
   競演はしてないのかな?
最近よく見る二人を起用して、しかも二人の役って毎回似ているような…
   山田孝之:テンション低い
   沢尻エリカ:難病
みんな飽きないのかな?確かに沢尻エリカはカワイイけど

まだ第1話なので、予想になるのですが、山田孝之と今売り出し中の歌手の人が、
昔恋人同士だったみたいな展開になりそうな気がします。
でも、もしそうなら安っぽい気がするような…
やっぱり登場人物が増えると人間相関図が複雑になっちゃいますよね。
増やさなきゃ、ドラマにならないのは分かりますが、
無理やりな展開でいらないシーンが増えなければいいのですが。

それと、個人の好みの問題になっちゃいますが、
この物語の核であるはずの歌に魅力を感じませんでした。
主題歌も物語とは関係のない柴咲コウだし、
売れっ子の歌もそんなに大した事ないし、
沢尻エリカの歌も下手ではないけど、普通で印象に残らないし。

ドラマと映画どちらを先に見るかで意見も変わってくるんでしょうが、
個人的には映画の方がよかったです。
映画版はドラマ版に比べて

 ストーリーのシンプルさ、悲しい話だけど全体に明るい雰囲気が良い。
    ドラマはなんか最初から暗いです(特に主役の二人)
 登場人物も若さが伝わってくる役でみんなイキイキしている。
    ドラマは主役の二人から若さが伝わってこない(テンションが低い)
 YUIが歌っている姿が輝いていて、歌に引き込まれる。
    ドラマは沢尻エリカが歌っていても楽しそうじゃない

って感じました。

現在、当ブログでは機動戦士ガンダム0079カードビルダーのトレードを募集しております。

連邦軍兵士、ジオン軍兵士どちらもよろしくお願いいたします。

トレード:【R】ハロ(リンク)

トレード:【UC・C】多数(リンク)

先日、【R】ハロのトレードがようやく成立致しました。

お相手は【R】ランバラルです。

いや~よかった(*^_^*)

トレードしてくれた方はこれまで約2000戦ほどしているらしいです(゚Д゚;)

2000戦って…
1戦250円として50万円じゃないですか!?

すげぇなぁ(´ヘ`;)

それでもハロ引いてなかった事にも驚きですがw

それから、【放出】ジムCSと【希望】ジョニーライデン&ゲルググJRもトレードして貰いました。


ありがとうございました~☆


ついでにハロはまだ1枚余ってるので引き続きヨロシクです!!!

面白い記事見つけました。


ジダン退場「2ちゃん」予告!? インターネット掲示板で、サッカーW杯決勝戦で全世界に衝撃を与えたフランス代表MFジダンの「頭突き&退場」を、2日前に言い当てた書き込みがあった。

 事件はフランス対イタリアの決勝戦で延長戦後半、ジダンがイタリアのマテラッツィに突然の頭突き。マテラッツィは倒れ、ジダンがレッドカードで退場となった。

 だが、8日午後1時のインターネット掲示板「2ちゃんねる」には、その場面を“予言”した書き込みがアップされていた。マテラッツィが話題になっている掲示板で「ジダンに見えないパンチかましてヘッドバッドもらってジダン退場させたら神」と詳細に書かれている。言葉通りマテラッツィは「神」へとなるはずだったが、掲示板内では予言した人物が「神」に。「あんたすげー」「結婚してくれ」などの驚きの書き込みが続く騒ぎになった。

(2006年7月11日06時00分 スポーツ報知)

最近(悪い意味で)お笑いコンビの品川庄司が気になってます。

特に品川がテレビに出るたびにイライラしてます。

なんでだろ…?

昔は結構好きだったんですけどねぇ。

なんか最近テレビにかなり出てるんじゃないかと思うんですが、
 (普段テレビをあまり見ないのに、見るとかならずと言っていいほど出てる気が…)

すごくでしゃばって見えるんだなぁ(ーё一)

なんつーか、「また、変な突っ込みいれてるよぉ」みたいな。

しかも、やたら性格が悪そうに見えるんだよねぇ。

オレだけかな?

映画:間宮兄弟 鑑賞してきました。

出演:佐々木蔵之介 ドランクドラゴン 常盤貴子 沢尻エリカ

内容:
兄・明信と弟・徹信の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。いや、むしろ人生を共にしてきた太い絆の分だけ、さらに仲良くなっているかも。ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員、直美ちゃんと、徹信の務める小学校の依子先生を誘ってカレーパーティーを開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった。©GAGA Crossmedia Marketing, inc.


のんびりした映画でした。
もしかして、人によってはのんびりしすぎて、途中で飽きちゃうかも。
何か事件が起こるわけでもなく、何かの目標に向かってがんばるわけでもない、
間宮兄弟の兄弟愛と恋の話ですが、見ていてなんだか羨ましかったです。
兄弟っていうより、仲間って感じが羨ましい。
いい大人の癖に子供っぽい兄弟には好感が持てました。
キャスティングもよかったと思います。
沢尻エリカたんはもちろん可愛かったですが、
妹役の北川景子たんも可愛かったぁ。
ちょっとしたシェクシ~シーンもいいです(*^_^*)
みんなそれぞれの良さがでてました。
ドランクドラゴンの塚地もかなりいい演技してましたし、
これなら今後も映画出演あるんじゃないでしょうか?
普段のコントの賜物ですね。

この映画を見てたらカレーパーティがしたくなりましたよ~。
最近してないからなぁ。
今の職場では考えられませんからねぇw
男女混合カレーパーティー希望であります(>Д<)ゝ”

そういえば、あのパンダと犬はなんだったんだろう…??

映画:デスノート見てきました。

出演:藤原竜也 松山ケンイチ ほか

内容:
名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。一方ICPO(インターポール)は犯罪者の大量死を殺人事件と考え捜査を開始。世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・Lを捜査に送り込んできた。そして月とL、2人の天才による壮絶な戦いが始まるのだった。©GAGA Crossmedia Marketing, inc.


ものすごくワザとらしい映画でした。
全シーン・出演者全員の演技がワザとらしく感じました。
セリフ自体もワザとらしいです。
原作の漫画も相当売れているので、知っている人も多いことでしょうが、
漫画だと気にならないセリフなども実写でやってしまうとチープに見えてしまいますね。
それと見る前から気になっていた死神はCGじゃなくて、
声だけでもよかった気がする。
死神のCGもわざとらしさに一役買っていると思う。
バスのシーンでのミサミサの出し方が見ていてひくほど不自然でした。
意味のない写真を何度も出して、何がしたかったのか…?

悪い所ばかり並べましたが、決してつまらないとも言えない映画でした。
特にキラの正義感が狂気に変わっていくところはよかった。
話の流れは決して悪くないと思うのだか、わざとらしさのせいで、
映画に集中できず、勿体ないと思う。
映画オリジナルの恋人は始めはいらないと思っていたんですが、
最後まで見て登場させたのが成功に感じました。

話題作なんで見といてもいいと思いますよ。
実際、楽しんで見れる人も多いと思いますし。

無職の人たちにとっては夢の国、無料マンガ喫茶を発見しました。

場所は台原にあるSEIYUの2階にあるゲームセンター「宝島」の中。
まさに宝島!
以前はカラオケboxとか普通のマンガ喫茶とか、そんな感じだったと思います。

それが、昨日久しぶりに行ってみたら、入場無料のマンガ喫茶状態になってました。
正確にはゲームセンターに大量のマンガ本が置いてある状態なのですが、
ベンチなど座る場所もありますし、無料ってだけで十分ですYO!
ただし、個室はありませんので注意。
また、フリードリンクも200円で飲めるみたいですね。
20分100円でインターネットなんてのもありました。

静かにじっくり過ごしたい人には向いていませんが、絶対にお得です。
ぜひ皆さんも行ってみてくださいね。

ワタクシも毎週水曜日は通ってカードビルダー&マンガを楽しみたいと思いますっ!!
カードビルダーやってる人にはトレードノートもありましたよ。