FC2ブログ

ノーガキはいいから

とにかく言いたい事を言って逝くブログ


また、面白い記事を見つけました。

管理人も1度行って食べたことがあるんですけど、
結構ウマいですよ。
ボリュームもあるし。

しかも、グレート小鹿さんは全然小鹿じゃありませんでしたww


↓記事

プロレス草創期をブログに 力道山の弟子・グレート小鹿さん

 プロレス興行会社を経営するグレート小鹿さん(64)=仙台市宮城野区=の日記風サイト(ブログ)が、全国のプロレスファンの間で評判になっている。小鹿さんは、草創期のスーパースター力道山の最後の弟子として知られ、ブログの内容もプロレスの歴史や興味深い逸話が満載。「六十の手習い」で3月にブログを始めた小鹿さんは「プロレスの魅力を若い世代に情報発信できる」と喜んでいる。

 ブログのタイトルは「小鹿注意報!」。力道山が創設した日本プロレスやジャイアント馬場の全日本プロレスに在籍した当時のエピソードなどがつづられている。2、3日に一回のペースで更新している。

 日本プロレス時代に、団体が分裂して多くの選手が全日本プロレスに移籍した際、もともと所属していた選手との間で衝突が起こり、小鹿さんが仲裁した逸話などを紹介。

 東京の不動産会社社長が「ジャイアント馬場とアントニオ猪木が戦い、勝った方に1億円を出す」と提案したが、ジャイアント馬場が試合を拒んだため実現しなかったというエピソードも。

 最近では、7月9日に旗揚げした仙台の女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング」や、7月にプロレスラーが大麻の不法所持で逮捕された事件なども取り上げている。

 ブログを始めたのは、小鹿さんが設立した「大日本プロレス」(横浜市)の若手選手が次々とブログを開設するのを見て、「お前らがやれるのなら、おれにもできる」と闘志に火がついたのがきっかけ。

 ブログの反響は大きく、「びっくりした」「もっと詳しく教えてほしい」などの感想が全国から寄せられている。小鹿さんは「自分しか知らないプロレスの逸話は数多い。忘れないうちにブログに書き留めておきたい」と、意欲的だ。

 小鹿さんは北海道出身で1962年、日本プロレス入りし、73年に全日本プロレスに移籍。87年に一度引退したが、94年に大日本プロレスを設立し、翌年に現役復帰した。2003年には東北に興行の足場を築こうと、宮城野区東仙台にちゃんこ店を出した。

(河北新報) - 8月21日14時37分更新
スポンサーサイト



ある雑誌で、しょこたんが好きなサイトとして紹介してたんですが、

神動画」っていうサイトがもの凄いです。

おそらく知ってる人も多いでしょうけど、
知らない人は絶対に見て欲しいです。

人間業とは思えない動画がアップされてます。
なつかしの「燃えプロ、バントでホームラン」も見ることができますよ。
っていうか、ゲームだってここまで極めれば興味のない人にも自慢できます。

リンクはしないので、検索して見て頂戴!!

ドラえもんって何気ない話ですけど、

時々もの凄く感動させられることがありますよね。

個人的にはのび太とお婆ちゃんの話にはかなり泣かされました


ドラえもんは最終回もいくつか(真・都市伝説101夜さん)あるみたいなんですけど

中には都市伝説的な最終回(藤子不二夫じゃない人が書いた)もあります。

今回、鈴カステラさんからドラえもんファンの人が書いた最終回

紹介している事を教えてもらったので、リンクします。

あんりみてっどさん

ダウンロードサイト(直リン)
    PASSにsageを入力して下さい。

この最終回はファンの人が書いたとは思えないほど

すばらしいデキになっています

この話は自分も昔聞いたことありましたが、

マンガで見ると、こんなにイイ作品だとは…

原作との違和感はまったくないですし

ドラえもんが好きなら泣けるほど感動できるはずです

ぜひ皆さんお試しください。

パソコンテレビGyaoみなさん見てますか

今は会員数が500万人を突破したそうなので、
見ている人も多いと思いますが、
自分も見てますYO

これイイですよ~
ドラマ映画アニメバラエティアイドルなどのいろんな番組が見れるし、
バラエティではあの『長州小力』も所属する西口プロレスなんかも放送してます
アニメや映画、ドラマは懐かしい物も多いですし
オリジナルの番組も結構面白いです。

絶対オススメなので自宅がブロードバンドの方は是非見てくださいね

スッゲ~なブログを紹介させていただきますよ~

今回はこちら
仮面★武道会さん
です。

なにがすごいって、私にとっての神である『しょこたん』に

仮面★武道会さんの大ファンだお

とまで言わせてしまうブログなのです

スゲーよ、ほんとスゲーよ~

ウラヤマシス

内容はしょこたんを中心とした内容・イラストで構成されています。

個人的にカテゴリの『握手会への道』が好きです。

かなり笑っちゃいましたYO

皆さんも一度行って見てくださいね。

もしかしたら、しょこたんみたいにファンになるかもよ