FC2ブログ

ノーガキはいいから

とにかく言いたい事を言って逝くブログ


昨日5人パーティーで小旅行に行って来ました

小旅行は時々やるんですけど、毎回目的地が当日まで決まってません
昨日の場合は目的地どころか集合時間・場所も前日までに決まらず
本当に開催されるのか心配でした
結局、迎えに来てもらうことになったんですが
5人で5人乗りの車で出かけるのは辛いってことになり
レンタカーを借りて出発しました

車の中での話し合いの結果、山形で蕎麦を食べて温泉に入って来ることに決定
早速山形県天童市に向かったのですが、走り始めてすぐに渋滞にあっちゃいました
  やっぱこの時期は紅葉見に人が動くなぁ
途中作並でニッカウィスキーの工場の看板を見て寄り道することに
  相変わらず寄り道が好きなメンバーだ
ニッカウィスキーでは工場見学に参加しました(ガイドさんが説明してくれる:無料)
ちなみに工場見学に参加した人には見学の後、ウィスキーなどの試飲ができます。
  お酒の飲めない人にはりんごジュースもありましたYO!
また、ココでは有料ですが、ソフトクリームにウィスキーをかけた
ウィスキーソフト」を食べることが出来ます。

ニッカを出て再び天童に向けて出発したのですが
ウィスキーのせいなのか蕎麦屋に着くまで爆睡でした
この蕎麦屋は「水車」という店で結構有名なお店のようで
店内ではこの店がテレビで放送された時のビデオが流れていました
蕎麦はそば粉100%で歯ごたえがありメンバーの一人がアゴが痛くなってました(笑)
蕎麦は美味しかったですYO

蕎麦屋を出て次は温泉へ
今回選んだのは「ゆぴあ」です
ココはなんと200円で入浴できる温泉です
結構大きな施設で、駐車場はほぼ満車でした
中もわりとキレイで200円とは思えないほど立派です
お風呂は内風呂1つ露天風呂1つですが、どちらもかなりの広さです
特に露天風呂は今まで見た中で間違いなく1番広いと思います
お湯もしっかりと温泉って感じでなかなかいいです
ただ一つ難点が、体を洗う場所が少なすぎてなかなか洗うことが出来ない事です
昨日は特に人が多かったのか、かなり待たなければならず困りました

その後、宮城に戻りレンタカーを返してイロイロやって帰りました
  むしろ帰って来てからの方が盛り上がったのか?

そういえばこのメンバーにはトイレが我慢出来ないヤツが多すぎる
この旅の間だけでも何度「もう我慢できない!」というセリフを聞いたことか
  もっと早く言えって…

スポンサーサイト



前回からの続き


ようやく辿り着いた遠野でしたが…
全然人が見当たりません
来る途中車の中で「遠野ギャル楽しみだなぁ」なんて言ってましたけど
ギャルどころか人が住んでないんじゃないかと思われるほど人が歩いてないです
だってまだ7時ですYO!
ひとまず宿(徳田屋旅館)に行って荷物を置いてから駅のほうで食事を取ることにしたんですけど、人がいないだけあって店もほとんど空いてませんでした
駅周辺にはやたらスナックはあったんですけどね
結局スナック以外では飲み屋が2件見つかっただけでした。
とりあえず2件のうち少しでもギャルが居そう(やってそう)な店に入ったんですけど
愛想のない店長(男)と中年の女性が居ただけでした。やっぱりね
しかも、店長一人で店をやってるらしく注文してから料理や飲み物がなかなかやってこない

仕方ないのでさっさと店を後にしたんですけど、
相変わらず人が歩いてないです
もう雰囲気は深夜です。ほんとにほんとに
結局宿に戻ったのは9時でした
実は宿を出る前に何時まで戻れば良いか聞いてみたのですが
1時までに戻ってくれば良い」と笑顔で言われていました。
メンバー曰く「1時まで時間をつぶせるもんならつぶしてみろ
という裏の意味が隠されていたそうです。
宿に帰ってきてからは俺とメンバーの一人でTV(地元局)で「遠野まつり」の様子を
淡々と数時間見て寝ました。遠野まつりは結構よかったYO

朝は9時半に宿を出発!
宿から出るとき宿の方に「こんなに若い人たちが来ると思わなかった」といわれました。
実は宿の人がこう思うのも仕方ない出来事が前日あったんですが、それはまた別のお話で…

宿から龍泉同まではまだ130㎞あります
途中、宮古を通ったのですが、そこですばらしい名所を発見
その名も「●吹穴」!これは当然寄り道ですよ。
行ってみるとそこは雄大な海が見える岸壁でした。
実際そこでは僕たちのテクニック不足によって●が吹くことはなかったのですが、すばらしい景色を堪能しました。
せっかくなので、そこで撮った写真を1枚

    ↓さわやか?
    潮吹穴さわやかトイレ


その後、数十分で目的地:龍泉洞に到着
早速入場券を買い龍泉洞に入りました。
中は鍾乳洞らしく少しひんやりして、天井から時折水滴が落ちてきていました。
鍾乳洞の足元の下には大量の水(龍泉水)が流れています
奥に進むと地底湖がいくつかあり水が澄んでいる為
かなり深いところまで見えて綺麗でした
また、途中には160段以上もある階段があり、体力のない方はチョット辛いかもしれませんね。

龍泉洞を堪能して次に向かったのは龍泉同の向かい側にある龍泉新洞科学館
こちらは龍泉洞のチケットを買うと半券で入ることができます
こちらは10分ほどで終わる短い鍾乳洞なのですが、全然人が入ってません
せっかく無料で入れるのに持ったいない
龍泉新洞を出た後はお土産を買い、食事をする為に道の駅「いわいずみ」に向かいました。

道の駅「いわいずみ」では名物のどんぐりラーメンを食べられるとの事で
早速店に入って注文してみました。
メンバーは「ラーメンの具に今朝とれたどんぐりが入っている」と言ってましたけど
実際は麺にどんぐりが練りこまれているラーメンでした。
俺は気が付かなかったけど、どんぐりのプチプチ感があるみたいです。

道の駅を出る頃には4時近くになっていました
そして途中の看板には「仙台まであと300㎞」の文字が…
「時速50㎞で6時間」しかも俺以外はみんな翌日仕事なんで
顔色があきらかに悪くなってました(笑)
結局、一人で300㎞は負担が大きいので、三人で交代しながら仙台まで戻りました。
ただ、かなり飛ばしたためか思ったより早くて9時頃には仙台に戻ることができました。
その後、4人全員で極楽湯仙台泉店に入って深夜0時頃帰宅しました

疲れた~




日・月を使い4人パーティーで岩手県にある鍾乳洞の龍泉洞に行ってきました!

この龍泉同は日本三大鍾乳洞の1つで、
洞窟内の地底湖は水深120mもあり世界でも有数の透明度だそうです

今回の旅では宿をまったく決めていなかったので、
出発してから古川のヤマダ電機のインターネットコーナーで
宿を予約するという荒業を使いました(笑)ヤマダさんごめんね
しかも3000円を切る破格で宿をゲッチュー

せっかくなので今回宿泊予約したホームページを紹介します

トクー
 トクーの特徴
トクー!のシステムは、直前になっても予約が入らずに空いている宿泊施設の部屋を通常よりも低価格で利用者に提供するというもの。 利用者にとってはもちろんおトクですが、宿泊施設にとっても誰も泊まらないよりは低料金でも泊まってもらった方がずっとおトクなのです。
しかもトクー!は会費制のため、通常の旅行代理店のような手数料を上乗せする必要がありません(つまり原価販売)。 さらに、カウントダウンで1日ごとに料金が安くなるシステムなので、直前になればなるほど低料金になるのです!


本気でお得だと思いますので皆さんもクリックしてみてね

で、ひとまず宿を予約した岩手県の遠野河童の里)に向かいました
ただ、この旅では目的地(今回は龍泉洞)に行くことも大切なのですが
それ以上に大切なのが「途中で気になる場所があれば寄り道する事
なんです。なので当然高速は使いません

早速岩手県前沢で見つけた「牛の博物館に寄り道しました。
博物館に入る前に隣接するレストランで遅い昼食をとることにしたのですが
そのレストランで順番待ちをしていると後から家族連れが来ました。
そしてその家族の子供が、隣に座っていたメンバーに抱きついてきたんです。
家族はその様子を見ながら特に気にするそぶりも見せなかったんで、
隣のメンバーも家族の一員じゃないかと錯覚するほど自然でした(笑)
あまりに子供がシツコイのでメンバーが「パパじゃないよ」というと
子供は泣きながら(泣かされたとでも言うように)家族の元へと戻りました
いや~、普通知らない人に迷惑かけたら注意しません
まったく最近の親はどんな躾をしているんだなんてね

そんでレストランに入ったんだけど値段タケ~
普通にここで食べるなら1万円は覚悟しておかないと痛い目にあいます。
まあ、カレーライスとかハンバーグなら千円チョットで食べられますが
ここにきてステーキを食べなければ後悔すると思い
思い切って5000円でステーキとライスを頼みました。
えぇとってもお上品なお味でしたYO
…でも量が少なすぎるッス
とは言っても隣の某メンバーのよりはましでしたが(笑)

博物館の方は牛の歴史や世界の牛について説明されており
剥製などが展示されています。
まぁそんなところです。

すでに3時を回っていましたが、博物館を出て
近くにあった東北ニュージーランド村に行くことにしましたが…
この日はなんと3時以降入場料無料となっていました
本当にこのときは自分たちの爆運に驚きましたYO!
3時以降無料ということもあるからなのか
家族連れやカップルで結構人でいっぱいでし
ここではと戯れたりストラックアウトをして楽しみました
は思ったよりもゴワゴワしてましたね
子供がいる人は1日中遊べるのでぜひ行ってみるといいかもしれませんYO!

5時頃ニュージーランドを出国して道の途中にある
顔に穴の空いた武将の看板で写真をとり遠野方面に向かいました。

そして7時頃ようやく本日の宿場遠野に到着しました



なんか長くなってきたので続きはまた